「不眠」 56歳 男性 10年来、睡眠薬を飲んでいるが・・・?

初  診  日    平成23年11月19日

氏   名      O・A

住   所      奈良県 王寺

性   別     男性

年   齢    56歳

職   業   会社経営

ご 症 状   10年来、睡眠薬を毎日飲んでいる。
午前中はボーッとするが飲まない方がいいのか?

問   診     仕事のストレスからか?10年くらい前から眠れないことが多くなり、
罹りつけの病院から「睡眠誘導剤」 の処方を受けている。
飲めば眠れるが起きてもボーッとしている。午前中いっぱいそんな感じだ。
飲まないと度々、目を覚まし、よく夢を見て寝ているのかどうか?解らず、 非常にしんどい気がする。
          しかし、飲んでもボーッとするので最近不安になってきた。
関係あるか?ないか?解らないが最近、お酒を飲むと胸が痛くなって来ること
 があり、
検査を受けたが異常はない。どうすればいいか?精神的に参っている

食 の 嗜 好    食欲はある。尿酸値が高いため、食事は気をつけている。
お酒は付き合いで飲む時が多い

当院の考察      最近、よくあるタイプの方のお悩みです。
「酒はよく飲むが食事は気遣っている。」 など支離滅裂なことを平気で
おっしゃる方が増えています。これも立派なご症状のひとつです。
寝ているか寝ていないか?わからないは典型的な 「消化器の弱り」
のご症状です。
不眠歴も長いためそれ相応の時間は要しますが十分、解決への方法はあります。
また、骨盤の後方偏位も副交感神経の活動を妨げるものですので骨格の歪みも
きちんと整える必要があります。

施術1回目  11月19日
検査後、「眠るとは?肉体がどうなることか?」 の説明をする。

鍼灸施術は「消化機能の向上」 と 「血液浄化作用」 を高めるための施術

整体施術は胸椎11-12、骨盤左後方変位の矯正、股関節可動域確保のために施術
「ホッとした」 とのこと

食養生検査  「接待など無い日の生活について」 の話
「酒は日常は控える」 ように指示

施術2回目  11月26日
「睡眠薬はやはり飲んでしまうのでわからない」 とのこと

鍼灸施術は前回の施術に加えて、「呼吸器のうっ滞をとる」 施術

整体施術は前回の骨盤調整、頸椎3-4、胸椎3-4を矯正する
「今はすごく眠い」 とのこと

食養生検査  「夜ごはんを抜けるようなら抜く」 話をする

施術3回目  12月2日
「睡眠薬を飲まない日が2日あったが寝た気がしない」 とのこと

鍼灸施術は「胃の熱をとる」 と 「仙骨の緊張緩和」 を目的に施術

整体施術は頚椎全体の可動域をよくする施術

食養生検査 「パン類や麺類を控える」 を説明する。
「夜は酒を飲むのでご飯は食べない」 とのこと

施術4回目 12月9日
「3日薬を飲まなかった。信じられない!」 とのこと

鍼灸施術は 「胃のうっ滞」 の施術と 「血液浄化」 を「目的に施術

整体施術は前回同様、頚椎の可動域の施術

食養生検査  「夜はごはんと野菜だけでもいい」 と話す
「力がでないのでは?」 とのこと

第5回目   12月15日
「やはり3日くらいしか辛抱できない」 とのこと

鍼灸施術は 「血液浄化と胃のうつ滞を流す」 施術

整体施術は税椎全体の可動域確保
「施術後はすごい眠いのに夜は寝れないのはなぜ?」 とのこと

食養生検査  「ビールは陰性」 の説明

その後、1週間に約1回のペースで通院されました。10回目の施術2月22日の施術時に
「睡眠薬が手放せた」 とのご報告うをいただきました。
現在も月に2回くらいは養生のためにご通院頂いておりますが不眠の訴えは
その後、いただいておりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)