「不妊」 37歳 女性 結婚して8年子供ができない

初 診 日    平成22年4月2日

氏   名     K・T

住   所     大阪府 枚方市

性   別     女性

年   齢     37歳

職   業     IT企業勤務

ご 症 状    結婚して8年、子どもができない。不妊治療もしている

問   診      産婦人科の不妊治療を3年前から受け始めている。
ホルモン療法や漢方薬などをはじめに最終的には体外受精をした。
夫婦二人とも精子の数・排卵等も問題ないようだ。
問題ないと診断されているので余計に出来ないことが受け入れられない。

食 の 嗜 好       ご主人:特に好き嫌いもなく、何でもよく食べる。
酒は仕事の付き合いで週に2日くらいは外で飲む事がある。
奥さま:好き嫌いはない。甘いものが好きで和菓子をよく食べる。
パンが好きなので朝と昼はパン食だ。

当院の考察     お二人に共通することとして、食生活やお体に状態から少し、
陰性に偏って いるように見えます。特に奥さまは肌肉にブヨつきが見られ、
ややむくみ
気味。食養生は必須です。
精子や卵子に問題ない場

奥さまの施術を中心に考えるようにしました。「生命の誕生」 に関与する 臓器は東洋医学では
「腎水の働き」 です。
これにお体の骨格の歪み、特に骨盤の状態を整えることで 問題の解決に至れば幸いです。

施術1回目  4月2日
検査後、骨盤右前方偏位を確認、脈診等の検査も腎水の弱りを確認する。
鍼灸施術は「水分代謝の向上、消化機能のうっ滞を流す施術
整体施術は骨盤の調整とその周囲の股関節の可動域の確保
食養生検査  「お米の良い点、小麦粉の害」 の話
「就寝時間23時から3時までの重要性

施術2回目  4月9日
「朝、起きるのが楽」 とのこと
「食事もお米に変えている」 とのこと
鍼灸施術は前回同様と「大腸の活動促進」 鍼灸
整体施術は 前回の施術に頚椎5-4、胸椎の3-4の矯正を加える
食養生検査  「半身浴」 を指示
「よく噛むことの重要性」  の話

施術3回目  4月16日
「主人も食事への理解を示してくれ完全米食にしている」 とのこと
鍼灸施術は前回同様に仙骨の緊張緩和のためのお灸を施術
整体施術は前回同様施術
食養生検査 「人間の食事の割合、5対2対1」 の話をする

施術4回目  4月23日
「顔のくすみがなくなってきたように思う」 とのこと
「黒は腎」と関係深い話をする
鍼灸施術は前回同様、特に大腸の活性は必須
整体施術は左肩甲骨の可動域確保
食養生検査 「豆などの穀物、玄米」などの腎を補う食べ方を説明

その後、ご本人も「子どもが欲しい」一辺倒から自分のお体のことに
真剣に取り組まれるよう

に変わられました。
施術45回目の時に「生理が遅れてます。」 とのこと。
妊娠検査紙での検査後、産婦人科へ受診。
妊娠3カ月をご確認されました。
平成23年11月無事に男のお子様をご出産されました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)