「顎関節」の痛み 22歳 女性 顎がガクガクして痛む

初  診  日    平成24年1月7日

氏   名      M・K

住   所     大阪市 東住吉区

性   別     女性

年   齢     22歳

職   業    病院事務

ご 症 状    高校生の時から顎がガクガクして、特に右が物をかむと
腫れてくるほど痛い

問   診     口を開いても物を噛んでもガクッと音が鳴る。
硬いものを噛むと痛くて、右側は腫れてくる。ずっと続く症状なので
麺やパンなど柔らかいものばかり、
食べているような気がする。
歯の矯正をすればよくなると聞き、2年前から矯正をしているが
顎は変わらず。何か?方法はないものか?

食 の 嗜 好  甘いものは大好き。パンがほぼ主食。
ご飯は太るし、面倒なのであまり食べない。

当院の考察  食に対しても無頓着でとりあえず 「口に何かを入れていればいい」
という感じの典型的な現代人です。
下肢もかなりむくみ気味で本人が気にする「太る」よりむくみの対策が
需要と感じました。しかし、とにもかくにも噛めるような顎に戻さないと
むくみ対策すらできないため顎の矯正からすることにいたします。

施術1回目  1月7日
検査後、鍼灸施術は 「水分代謝・消化機能の向上」 を目的に施術
整体施術は額関節の矯正、胸椎11-12、骨盤の矯正、股関節可動域確保
を緩めるのために施術
「口が開く!」 とのこと
食養生検査  「少しでもいいからご飯食のすすめ」 の話
「白砂糖の害」 について説明

施術2回目  1月15日
「口は開くが噛むと痛いのは変わらない」 とのこと
鍼灸施術は前回同様にむくみのため水分代謝向上のための鍼灸
整体施術は 前回の施術に胸椎の3-4の矯正を加える
「顎の体操」 を指導
食養生検査  「精白した食品の害」 の説明

施術3回目  1月23日
「少しずつだが噛むようにしている」 とのこと
鍼灸施術は前回同様に頚椎と肩のコリを施術
整体施術は顎の矯正、腰椎2-3の矯正の施術
食養生検査  「ご飯とみそ汁・野菜」 の食事を1日1回食べるよう指示

施術4回目  2月1日
「食べるのにほとんど痛みは感じない」 とのこと
鍼灸施術は「むくみ」 に対する施術を中心にする
整体施術は顎の矯正、腰椎2-3・股関節の可動域改善の施術
食養生検査  「空腹感が出てから食べる」 重要性を説明
「半身浴」 をすすめる

その後、顎の関節の痛みは消失し、むくみの解決に向け、
現在も月に2回程度のご通院していただいております。
食生活の改善にはやや手こずりましたが少しずつ

取り組まれています。
顎の関節の矯正自体は難しいものではありませんが 「良い状態の維持」
が難しい部位です。