49歳 女性 
立ち仕事による腰痛

49歳  女性   立ち仕事による腰痛(椎間板ヘルニア)


初診日       平成24年7月10日
氏    名    H.O さん
性    別    女性
職  業    食品会社に25年勤務

ご 症 状     椎間板ヘルニアによる腰痛

問  診    5年くらい前から腰痛が出てきた仕事をしていると段々、
痛みが増してくる。
夕方はとてもつらい、腰を反らし、伸ばすことができない。
この一週間、仕事を休んでいる。
4月に整形外科でレントゲンとMRI検査済み腰椎5-4の
椎間板ヘルニアと
診断される。週に1度、痛み止め?の注射を
している最近、のぼせと頭痛が ひどい日があり、年齢的にも
更年期障害も心配である腰痛との関係はどうか?
と思っている。

食 の 嗜 好   甘いものが好き、お酒(ビール)も飲む。
食事はおいしい、比較的よく食べる方だ。

当院の考察   「冷え」による 「水分代謝の低下」(腎水)の変動を示唆する。
職場、夜間のエアコンによる冷えは否めない。
腰椎5-4部は「大腸喩」のツボにあたる。
のぼせと頭痛も 腎水の働きの低下から上半身の熱を循環させることが
出来ないために起こると考える。
頚椎、胸椎、腰椎、仙腸関節のすべてに可動域低下箇所 がみられ、
「体温低下」が起こっていると判断する。

施術1回目  7月10日

鍼灸施術により経絡調整をすることでまず、「水分代謝」を活性する。

L-Hテストによりごお本人に経絡調整を確認していただく。
続いて、整体施術により、頚椎、胸椎、上部腰椎の可動域
低下部分を 矯正・調整していく。
立っていただき、腰が反らせることを確認する。

食養生検査       L-Hテストのより「白い砂糖」および「甘いお菓子」「ビール」
「小麦」(パン・麺類)は控えて頂く。
就寝時、エアコンはタイマー1時間にして、暑ければ1時間という
風につけっ放しは辞めて頂く。

施術2回目  7月14日

腰は反れるようになった。

仕事を休んでいるので復帰できるか?心配だ とのこと。
鍼灸施術は前回と同様、「腎水」の調整を中心に施術
局所・腰椎5-4部と周辺に「瀉法」(硬結を取る)をする。
整体施術は前回に加えて、局所の可動域を調整・矯正

食養生検査         「米」「豆類」「海藻類」を中心に摂ることをお願いする。

施術3回目  7月18日
家事をしているくらいでは大丈夫。
仕事に復帰したいのでどうか?自信は出てきた。

鍼灸施術は前回に加え、上肢の熱の滞りの調整をする。
整体施術は前回と同様 、 食養生検査 「お酒」は冷やさない
状態のものならOKとする。
半身浴を始めて頂く。                          ※仕事の復帰を許可する。

施術4回目  7月24日
仕事に行き始めている。

夕方は重くなって来るが痛みは耐えられないようなものはない。
のぼせ、頭痛共にマシになっている。
施術は前回とほぼ同様
その後、7日から10日の間隔で現在も施術中ですが仕事も家事も苦痛なく、
がんばっておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)