月別アーカイブ: 2013年12月

「不妊」 37歳 女性 結婚して8年子供ができない

初 診 日    平成22年4月2日

氏   名     K・T

住   所     大阪府 枚方市

性   別     女性

年   齢     37歳

職   業     IT企業勤務

ご 症 状    結婚して8年、子どもができない。不妊治療もしている

問   診      産婦人科の不妊治療を3年前から受け始めている。
ホルモン療法や漢方薬などをはじめに最終的には体外受精をした。
夫婦二人とも精子の数・排卵等も問題ないようだ。
問題ないと診断されているので余計に出来ないことが受け入れられない。

食 の 嗜 好       ご主人:特に好き嫌いもなく、何でもよく食べる。
酒は仕事の付き合いで週に2日くらいは外で飲む事がある。
奥さま:好き嫌いはない。甘いものが好きで和菓子をよく食べる。
パンが好きなので朝と昼はパン食だ。

当院の考察     お二人に共通することとして、食生活やお体に状態から少し、
陰性に偏って いるように見えます。特に奥さまは肌肉にブヨつきが見られ、
ややむくみ
気味。食養生は必須です。
精子や卵子に問題ない場

奥さまの施術を中心に考えるようにしました。「生命の誕生」 に関与する 臓器は東洋医学では
「腎水の働き」 です。
これにお体の骨格の歪み、特に骨盤の状態を整えることで 問題の解決に至れば幸いです。

施術1回目  4月2日
検査後、骨盤右前方偏位を確認、脈診等の検査も腎水の弱りを確認する。
鍼灸施術は「水分代謝の向上、消化機能のうっ滞を流す施術
整体施術は骨盤の調整とその周囲の股関節の可動域の確保
食養生検査  「お米の良い点、小麦粉の害」 の話
「就寝時間23時から3時までの重要性

施術2回目  4月9日
「朝、起きるのが楽」 とのこと
「食事もお米に変えている」 とのこと
鍼灸施術は前回同様と「大腸の活動促進」 鍼灸
整体施術は 前回の施術に頚椎5-4、胸椎の3-4の矯正を加える
食養生検査  「半身浴」 を指示
「よく噛むことの重要性」  の話

施術3回目  4月16日
「主人も食事への理解を示してくれ完全米食にしている」 とのこと
鍼灸施術は前回同様に仙骨の緊張緩和のためのお灸を施術
整体施術は前回同様施術
食養生検査 「人間の食事の割合、5対2対1」 の話をする

施術4回目  4月23日
「顔のくすみがなくなってきたように思う」 とのこと
「黒は腎」と関係深い話をする
鍼灸施術は前回同様、特に大腸の活性は必須
整体施術は左肩甲骨の可動域確保
食養生検査 「豆などの穀物、玄米」などの腎を補う食べ方を説明

その後、ご本人も「子どもが欲しい」一辺倒から自分のお体のことに
真剣に取り組まれるよう

に変わられました。
施術45回目の時に「生理が遅れてます。」 とのこと。
妊娠検査紙での検査後、産婦人科へ受診。
妊娠3カ月をご確認されました。
平成23年11月無事に男のお子様をご出産されました。

 

 

 

「更年期障害」 48歳 女性 寒くても頭から汗をかく

初  診  日     平成24年8月1日

氏   名       K.T

住   所       大阪市 生野区

性   別      女性

年   齢      48歳

職   業     飲食業

ご 症 状     寒くても頭から大量の汗が出る。
夜、眠れないので疲れも取れず最近、ふらつきもある

問   診     2年くらい前から生理が来たり来なかったり、するようになってきた。
そのころから首から上に大量の汗をかくようになった。
「更年期?」 とは思ったがしばらく、様子を見ることにした。
汗は結構、大量に出るようになって、疲労感も増してきた。
体が 「だるくてやる気が出ず」そのせいか 「イライラとクヨクヨ」が
混在するようになり、「眠れなく」 なってきた。
よく夢を見るようになり寝ているか?寝てないか?
解らない日々を過ごしている。 つらくて、婦人科も内科も心療内科も受診
したが睡眠薬とホルモン剤の処方を受けるのみで一向に変わらない。
睡眠薬を飲むと一日ボーッとしている。
今は生理はたまにあるかないか程度で量も少ない。

食の嗜好       好き嫌いなく、何でも食べる。作るのも好き。麺類はお昼に毎日食べる。
甘いものも好き。

当院の考察     お話を伺っている時も解るくらい体の歪みが気になりました。
生理は骨盤の歪みがきついために滞ったものと思われます。
また、食の嗜好も 「陰性」 の食品を好み、体の組織が緩んだ結果、
「内臓下垂」 も起こっていると判断します。
汗の量からも言えますが「体の保湿作用」 が低下し、水分が漏れる状態を
作ってしまたと思われます。
睡眠の様子も 「夢を見る・度々起きる」 などから「消化器系統の弱り」
体が 「だるくてやる気が出ず」そのせいか 「イライラとクヨクヨ」が
混在するようになり、「眠れなく」 なってきた。
よく夢を見るようになり寝ているか?寝てないか?
解らない日々を過ごしている。 つらくて、婦人科も内科も心療内科も受診
したが睡眠薬とホルモン剤の処方を受けるのみで一向に変わらない。
睡眠薬を飲むと一日ボーッとしている。
今は生理はたまにあるかないか程度で量も少ない。

食の嗜好      好き嫌いなく、何でも食べる。作るのも好き。麺類はお昼に毎日食べる。
甘いものも好き。
鍼灸施術は前回の施術に加えて、「大腸の引き締め」 を目的に施術
整体施術は前回に加えて、頸椎3-4、胸椎3-4をゆっくり矯正する
「腰がかなり、楽!」 とのこと
食養生検査  「小麦と油が肥満をまねく」 を説明。
「よく噛むこと」 の意味を説明。
かなり、困った様子

施術3回目  8月13日
「少し、むくみが楽とのこと。足、細くなる?」 とのこと
鍼灸施術は「肝機能の向上・消化器のうっ滞を流す」 を目的に施術
整体施術も前回同様。
食養生検査 「主食が米の意味」 を説明する。
「できない」 とのこと

施術4回目 8月19日
「汗の量が減ってきた。夜も眠れている?」 とのこと
鍼灸施術は 「肝機能・消化器のうっ滞」 の施術に加えて、頚椎のコリを
徹底的にとる。
整体施術は前回同様。
「股関節は全然痛くない」 とのこと
食養生検査  「牛乳はどうか?」 とのこと
「乳製品や牛乳のダメの理由」 の説明する

第5回目   8月26日
「のぼせはあるが後は嘘のように楽」 とのこと
鍼灸施術は 前回の施術に仙骨にお灸の施術
整体施術は股関節の可動域確保
「運動をしても大丈夫?」 とのこと

その後、1週間から10日に1回のペースで通院中です。
「のぼせ」がまだ、残っていますが日常生活に支障はないようです。
大量の汗をかかないことを大そう喜んでおいでですが
食養生にもう少し、取り組めたら・・
と思いますがお忙しいのもあり、すんなり行きそうも

ありません。

「めまい」 52歳 男性 ふらふらとグルグルのめまい

初  診  日    平成24年2月1日

氏   名       K.T

住   所      大阪市 天王寺区

性   別      男性

年   齢      52歳

職   業      自営業

ご 症 状      急にめまいがする。基本フラフラで時々グルグル。
いつ来るか?解らず車に乗れない。

問   診      1年くらい前からめまいがするようになった。
最初はフラフラするだけだったが最近はぐらぐらする。
昼夜、問わず起こるので怖くて車にも乗れず、仕事にならない。
自転車も怖い。 病院では精密検査を受けたがこれと言って原因が分からず、しばらく
ステロイドの点滴を毎日、受けていた。今は服用のみ。
あまり症状は変わらない。現在は最初の時より頻度は少ないが1日数回はある。

食 の 嗜 好    酒は飲まない。甘いものは好き。たばこは1日20本くらい。
食欲はないが無理に食べている。
コーヒーは1日5杯くらい飲む。

当院の考察     典型的な 「陰性過多」 のタイプです。
食事の好みはもちろんですが体の様子も皮膚は脆弱でたるみ気味、
やや、中肉ではありますが筋肉にも力ない様子です。
声もかずれて「気管に痰が溜まっている」 のがよくわかりました。
長い目で見た施術が必要なようです。

施術1回目  2月1日
検査後、鍼灸施術は「肝機能を補い」 「肺のうっ滞を取る」 を目的に施術
整体施術は頚椎2-3、骨盤前方変位、股関節可動域確保のために施術
「頭がすっとする」 とのこと
食養生検査  油を使った料理、甘いものは出来るだけ避けるように指示

施術2回目  2月5日
「相変わらずめまいは起こる」 とのこと
鍼灸施術は前回の施術に加えて、「胃のうっ滞を流す」 を目的に施術
整体施術は前回に加えて、頸椎3-4、胸椎3-4をゆっくり矯正する
「汗が噴き出てきた」 とのこと
食養生検        「よく噛むこと」 の意味を説明

施術3回目  2月9日
「めまいはあるがグルグルはないようだ」 とのこと
鍼灸施術は「肝機能の向上・肺のうっ滞を流す」 を目的に施術
整体施術も前回同様。「体が熱くなる」 とのこと
食養生検査 「パンや麺類は控える」 を説明する
「食べるものがない」 とのこと

施術4回目 2月16日
「ふらつくが今日は自転車で来た」 とのこと
鍼灸施術は「肝機能・肺のうっ滞」の施術に加えて 胸椎の「椎間を緩める」施術
整体施術は前回同様。「目が明るい」 とのこと
食養生検査  「ご飯しかダメなのか?」 とのこと
「主食とおかずの割合」 の説明する

第5回目   2月22日
「めまいの回数は減っている」 とのこと
鍼灸施術は前回の施術に肩甲骨内縁を緩める施術
整体施術は股関節の可動域確保

その後、めまいのない日も出始め、週に1回の通院を1カ月続けて頂きました。
4月初旬、車にも乗れるようになりお仕事も差し支えなくされています。
現在も10日に1度のペースで通院中ですがめまいの起こるひは
1週間に1度あるか?どうかくらいです。
まだ、 「冷える」 とめまいが起こるようです。
食養生ができないのでつらいところではありますが・・・。