カテゴリー別アーカイブ: めまい

「めまい」 52歳 男性 ふらふらとグルグルのめまい

初  診  日    平成24年2月1日

氏   名       K.T

住   所      大阪市 天王寺区

性   別      男性

年   齢      52歳

職   業      自営業

ご 症 状      急にめまいがする。基本フラフラで時々グルグル。
いつ来るか?解らず車に乗れない。

問   診      1年くらい前からめまいがするようになった。
最初はフラフラするだけだったが最近はぐらぐらする。
昼夜、問わず起こるので怖くて車にも乗れず、仕事にならない。
自転車も怖い。 病院では精密検査を受けたがこれと言って原因が分からず、しばらく
ステロイドの点滴を毎日、受けていた。今は服用のみ。
あまり症状は変わらない。現在は最初の時より頻度は少ないが1日数回はある。

食 の 嗜 好    酒は飲まない。甘いものは好き。たばこは1日20本くらい。
食欲はないが無理に食べている。
コーヒーは1日5杯くらい飲む。

当院の考察     典型的な 「陰性過多」 のタイプです。
食事の好みはもちろんですが体の様子も皮膚は脆弱でたるみ気味、
やや、中肉ではありますが筋肉にも力ない様子です。
声もかずれて「気管に痰が溜まっている」 のがよくわかりました。
長い目で見た施術が必要なようです。

施術1回目  2月1日
検査後、鍼灸施術は「肝機能を補い」 「肺のうっ滞を取る」 を目的に施術
整体施術は頚椎2-3、骨盤前方変位、股関節可動域確保のために施術
「頭がすっとする」 とのこと
食養生検査  油を使った料理、甘いものは出来るだけ避けるように指示

施術2回目  2月5日
「相変わらずめまいは起こる」 とのこと
鍼灸施術は前回の施術に加えて、「胃のうっ滞を流す」 を目的に施術
整体施術は前回に加えて、頸椎3-4、胸椎3-4をゆっくり矯正する
「汗が噴き出てきた」 とのこと
食養生検        「よく噛むこと」 の意味を説明

施術3回目  2月9日
「めまいはあるがグルグルはないようだ」 とのこと
鍼灸施術は「肝機能の向上・肺のうっ滞を流す」 を目的に施術
整体施術も前回同様。「体が熱くなる」 とのこと
食養生検査 「パンや麺類は控える」 を説明する
「食べるものがない」 とのこと

施術4回目 2月16日
「ふらつくが今日は自転車で来た」 とのこと
鍼灸施術は「肝機能・肺のうっ滞」の施術に加えて 胸椎の「椎間を緩める」施術
整体施術は前回同様。「目が明るい」 とのこと
食養生検査  「ご飯しかダメなのか?」 とのこと
「主食とおかずの割合」 の説明する

第5回目   2月22日
「めまいの回数は減っている」 とのこと
鍼灸施術は前回の施術に肩甲骨内縁を緩める施術
整体施術は股関節の可動域確保

その後、めまいのない日も出始め、週に1回の通院を1カ月続けて頂きました。
4月初旬、車にも乗れるようになりお仕事も差し支えなくされています。
現在も10日に1度のペースで通院中ですがめまいの起こるひは
1週間に1度あるか?どうかくらいです。
まだ、 「冷える」 とめまいが起こるようです。
食養生ができないのでつらいところではありますが・・・。