カテゴリー別アーカイブ: 多汗

「多汗のお悩み」 18歳 女性 手のひらと足の裏から汗が流れてくる

初   診   日    平成20年11月10日

氏   名       K・E

住   所      大阪府 東大阪市

性   別      女性

年   齢     18歳

職   業     大学生

ご 症 状   多汗症で手のひらと足の裏から汗が流れ出てきます。

問   診   子どもの頃から手のひらや足の裏から汗が流れ出てくる。
精神的に緊張した時はとくに酷い。
昨年、脇の神経を切断する手術も受けたが手は少しましのようだが、
足は変わらない。寝ていても布団が濡れるほど汗をかく。

食の嗜好   甘いものは大好き。何でもよく食べる。好き嫌いはない

当院の考察   肌肉は締まりなく、触るとブヨブヨした様子でした。
お腹も下腹に力なく、冷たい状態です。
臍の周辺は硬く、水や気のうっ滞を感じました。
食の嗜好からも 「陰性過多」 は否めない感じですが先天的な要素も
過分に考慮しないといけないご症状です。

食養生は必須ですが年齢的にも食べる制限は少し、かわいそうですので
少しずつ取り組んでいただくことにしました。

施術1回目  11月10日
鍼灸施術は「消化機能の向上」 と 「血液浄化作用」 を高めるための施術

整体施術は頚椎3-4、骨盤右前方変位の矯正、股関節可動域確保のために施術
「お腹が空いてきた」 とのこと

食養生検査  「白い砂糖、油を控える」 話をする
「よく噛むことの重要性」 も追加

施術2回目  11月17日
「あまり変化はない」 とのこと
「甘いものは控えられそうだ」 とのこと
鍼灸施術は前回の施術に加えて、「大腸の調整」 の施術

整体施術は前回の骨盤調整、頸椎7-8、胸椎9-10を矯正する
「お腹がぐるぐる鳴る」 とのこと

食養生検査  「半身浴」 の話をする
「夏野菜を今から食べないように」 も追加

施術3回目  11月24日
「変化はない」 とのこと
鍼灸施術は「消化機能の向上」 と 「仙骨の緊張緩和」 を目的に施術
今回から仙骨部のお灸を加える
整体施術は股関節の可動域をよくする施術

食養生検査 「塩の重要性と味噌や醤油を摂る」 を説明する。

施術4回目 12月2日
「手は少し、マシなような感じ・足は変わらない」 とのこと

鍼灸施術は 「血液浄化」 の施術と 「消化機能の向上」 を目的に施術

整体施術は前回同様、股関節の可動域の施術

食養生検査  「麺とパンの過食は控える」 の指示

第5回目   12月9日
「汗は前回と変わらないが生理痛がない」 とのこと

鍼灸施術は 「消化機能の向上」 施術

整体施術は股関節の可動域確保

食養生検査  「冷たいものの害について」 の説明

その後、1週間に約1回のペースで通院されました。初回の施術から約半年後くらいから
手の汗は出なくなりました。足は約2年くらいで汗は出ない状態までになりました。
彼女は食養生にも積極的に取り組まれ、施術する私が頭が下がる思いでした。
当初はシーツが濡れるほどの汗でしたが今ではほとんど見られない状態です。
現在もお体の養生のために月に2回くらいのご通院いただいております。